ハイドロキノン

色素沈着の原因となるメラニン色素に高い効果があるハイドロキノン

お肌のトラブルで多くの女性が悩むのはシミです。シミは紫外線を浴びる機会がある我々誰にでも起こりうるトラブルです。では、どのような仕組みでシミは出来てしまうのでしょうか?

 シミの原因の大多数を占めているのは紫外線です。紫外線は夏場に最も多く、日焼け止めを利用したりして紫外線から受ける影響を少しでも減らそうとしている人を多く見かけますが、実は私たちは紫外線の影響を夏だけでなく一年中、一日中受けているのです。紫外線は、シミの原因にもなりますし、白内障や皮膚がんの原因にもなる恐ろしいものなのです。そこで紫外線の影響を少しでも減らそうと身体が作り出すのがシミの原因となるメラニン色素なのです。

 私たちが紫外線を浴びると、浴びた部分からメラニンを作り出すメラノサイトに働きかけ、チロシナーゼという酵素がメラニンを作り出します。こうしてメラニン色素が作り出され、皮膚をガードする働きをします。お肌の年齢が若いと、お肌のターンオーバーを利用して、古い角質は体の外へ排出されてしまいますが、年齢を重ねるごとに体の新陳代謝の機能が衰え、皮膚上のメラニン色素が沈着してしまい、これがシミになってしまうのです。

 ハイドロキノンは、チロシナーゼという酵素に働きかけ、メラニン色素の生成を抑制するので、シミによく効くと言われているのです。その他にも、ニキビ跡やそばかすなどのメラニンの色素沈着にはハイドロキノンは大変効果的です。是非、色素沈着でお悩みの方は一度ハイドロキノンをお試ししてみてはいかがですか?

ハイドロキノン配合の石鹸の効果は、洗い流すから弱い?

シミによく効くと言われているハイドロキノンは、美容液やクリーム等様々な形で販売されています。一般的には、ハイドロキノンをお肌に塗るという使用方法ですが、今ハイドロキノンの石鹸タイプも販売されているのをご存じでしたか?石鹸は、使用した際には必ず洗い流す必要があります。ハイドロキノン成分入りの石鹸も同様です。では、せっかくのハイドロキノンの成分を洗い流してしまう石鹸タイプの効果はどの程度なのでしょうか?

 お肌の漂白剤とも言われているハイドロキノンは、シミを徐々に薄くする効果がありますが、漂白剤ともいわれているだけあって、かなり強い副作用もあるのです。美容液やクリームの様に、塗るタイプのハイドロキノンは副作用が心配という方が、石鹸を購入する傾向が多いのですが、実際は石鹸にもハイドロキノンが含まれているため、塗るタイプと同様で刺激は強く、副作用の心配は同じなのです。

 効果は多少塗るタイプに比べると劣るかもしれませんが、石鹸の方が使い勝手が良いのは魅力的です。石鹸なので、洗顔にはもちろん使えますが、その他にもひじやかかとのくすみなどにも使用できるのです。今、多くの女性がひじやひざのくすみを気にしていて、夏前になるとよくひじやひざのお手入れも丁寧にするという話をよく耳にします。

 最近のハイドロキノン石鹸は、お肌のピーリング効果が期待できると注目されています。あなたも是非ハイドロキノン石鹸を使って、透明感のある素敵な肌を手に入れませんか?

シミの強い味方、アルブチンとハイドロキノンは何が違う?

美容に気を使っている人なら、一度はアルブチンという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?アルブチンは、美白効果があるとされ、現在多くの美容液に含まれている成分の1つです。では、なぜアルブチンが美白にいいとされているのかご説明します。

 シミの原因となるのは、主にメラニン色素です。アルブチンは、メラニン色素を生成に関与するチロシナーゼに働きかけ、メラニンの生成を抑制する働きがあります。このアルブチンは、美白効果で話題のハイドロキノンと同じような働きをします。しかし、ハイドロキノンは、このアルブチンよりかなり効果があると言われています。

 効果に差はあるものの、アルブチンとハイドロキノンの働き自体はさほど変わりはないように思われますが、少し使い方が異なります。ハイドロキノンは、お肌の漂白剤とも言われているほど、出来てしまったシミに対して、徐々に薄くしていくという効果が高い成分です。しかし、その高い効果ゆえに、強い副作用も持っており、人によってはハイドロキノンを使用すると、ヒリヒリしたり、赤くなったりしてしまい、刺激が強すぎることがあります。しかし、アルブチンは、元々植物由来のものなので、身体にはとても優しいのです。アルブチンには現在天然由来のものと、人工的に作られたものの2種類があり、人工的に作られたアルブチンの方が美白効果が高いと言われています。

 もしハイドロキノンを使用して、副作用が出てしまった人は、ハイドロキノンよりアルブチンの成分が入っている美容液に変えた方が良いでしょう。また、ハイドロキノンは長期間使用すると、濃度が低かったとしても白斑と呼ばれる、使用していた部位が白くなってしまう副作用の可能性があります。しかし、天然のアルブチン成分にはハイドロキノンのように強い副作用はあまりないと言われていますので、出来ればお肌に優しい天然のアルブチンの使用をお勧めします。

市販のハイドロキノン配合の化粧品は本当に安全?

ハイドロキノンはシミに有効な成分ですが、2001年の薬事法が改正される前までは医師の処方箋がないと手に入れることが出来なかったのです。この改正以前にも、ハイドロキノンは美容成分として化粧品等に使用されていた時期はありました。しかし、使用した人に白斑と呼ばれる、塗布した部位が白くなってしまう副作用がみられ、ハイドロキノンの使用を禁止してしまったのです。そのような時代を経て、今使用されているハイドロキノン。果たして市販されているハイドロキノンは安全なのでしょうか?

 ハイドロキノンは現在薬局や通信販売、デパート等様々な場所で販売されています。今販売されているハイドロキノンの濃度はほとんどが4%未満です。その理由として、ハイドロキノンには、白斑という副作用の他に、使用する人の体質によっては刺激が強すぎるため赤みやヒリヒリといった痛みを伴うこともあるのです。そしてハイドロキノンの濃度が4%以上だとこの副作用のでる確率が高くなってしまうのです。

 しかし、医師から処方されるハイドロキノンの濃度は市販されているハイドロキノンより濃度が高くなっています。これは、その人の症状に合わせて適切な濃度のハイドロキノンを処方し、しっかりと医師の管理の下で使用しているので安心です。市販されているハイドロキノンは濃度が高くないとはいえ、長期間使用すると副作用の可能性は高まりますので注意が必要です。市販されているハイドロキノンは、基本的には安全です。しかし、ハイドロキノンを使用し、少しでも自分のお肌に合わないと感じたら、すぐに使用を止めましょう。

ハイドロキノンを正しく使ってあなたも美白美人に!

今高い美白効果で注目されているハイドロキノンですが、あなたは正しいハイドロキノンの使用方法を知っていますか?ハイドロキノンは、シミに対して大変効果を発揮しますが、正しく使用しないとかえってシミ等の肌トラブルが悪化してしまう恐れがありますので、ハイドロキノンの正しい使用方法を覚えましょう。

 シミの主な原因は紫外線です。紫外線を浴び、皮膚ではメラニン色素が生成されます。メラニン色素は紫外線から身体を守ってくれる大切な役目を担っているのですが、シミはそのメラニン色素が過剰に生成された状態を示しています。ハイドロキノンは、メラニン色素を生成に関係する酵素チロシナーゼに働きかけ、メラニンの生成を抑制する働きがあり、更にその効果は他の美白効果があると言われている成分よりはるかに強いと言われています。

 ハイドロキノン自体はとても不安定で、酸化をすると逆に赤みやヒリヒリと痛みを感じるようなお肌のトラブルを引き起こすと言われています。その為、ハイドロキノンを使用中、及び使用後は紫外線を浴び無いような衣服を着用する必要があります。紫外線の量が多い日中に使用する際は十分に気を付けてください。また、ハイドロキノンの保管にも気を付ける必要があります。ハイドロキノンが空気に触れ無い様にしっかり密閉をし、冷暗所で保管をします。ハイドロキノンは酸化すると茶色く変色してしまうので、万が一取扱いに気を付けていても、変色してしまった場合は、更なるお肌のトラブルの原因になりますので、使用は避けてください。

 ハイドロキノンは取扱い及び使用方法が難しいですが、正しく使用してあなたもとびきりの美白美人になりましょう。

ニキビの赤みで悩む人の救世主、ハイドロキノン

あなたはニキビで悩んだことはありませんか?ニキビの原因は様々ですが、ストレスや便秘や脂肪線の多いところに出来やすく、顔などに多く出来ます。よくニキビは思春期に多いと言われていますが、思春期以外の多くの方がニキビで今悩んでいます。そしてニキビで悩んでいる人と同じくらい、ニキビ跡で悩んでいる人も多いのです。

 ニキビ跡とは、ニキビが出来た後に赤みが残ったり、皮膚の表面がでこぼこしてしまう状態のことを言います。ニキビ跡の皮膚の凸凹が一度出来てしまうとなかなか治療が難しく、皮膚科等の専門家に治療をしてもらう必要があります。しかし、ニキビ跡の赤みに有効な物質として、今ハイドロキノンが注目されています。

 ハイドロキノンは、メラニン色素の生成に関係する酵素チロシナーゼに働きかけ、メラニンの生成を抑制する働きがあります。ニキビの出来た部位に紫外線を浴び続けていると、その部位に、メラニン色素が過剰に分泌され、色素沈着しシミへと変化するのです。ニキビ跡の色素沈着をしてしまったシミに対して、ハイドロキノンを使用すると、茶色かったり赤かったりしていたニキビ跡が徐々に薄くなっていきます。

 ハイドロキノンは、シミだけでなく色素沈着をしてしまったニキビ跡にも有効な成分ですが、取り扱いが難しいです。ニキビ跡が気になりハイドロキノンを使用したい人は、自身に合った濃度を処方してもらえますし、使用方法などを分かりやすく説明してもらえますので、使用方法に不安のある方は一度皮膚科で相談してみたほうが良いでしょう。

処方箋が無くても通販で買えちゃうハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミにとてもよく効き、高い美白効果を持っています。ハイドロキノンは、皮膚科や美容外科等の医療機関を受診し、処方箋を出してもらうことで手に入れることが出来ます。昔は、ハイドロキノンを購入するには、必ず医師の処方箋が必要でした。しかし現在、シミによるお肌のトラブルは多くの人にみられるメジャーなトラブルです。2001年には薬事法が改正され、今まで医師しか取り扱えなかったハイドロキノンが、4%未満のハイドロキノンは医薬部外品として市販することが認可され、ハイドロキノンが私たちの生活の中で、より身近な存在になりました。

さらに、ハイドロキノンが医薬部外品として市販されるようになり、通信販売でも購入することが出来る様になりました。病院へ行き、ハイドロキノンを処方してもらうと実は保険適用外になってしまうのです。しかし、通信販売では個人で海外から直接輸入していたり、店頭販売ではないので人件費を浮かせることが出来、よりお得にハイドロキノンを購入することが可能なのです。

しかし、インターネットを使ってハイドロキノンを販売しているサイトの中には、個人輸入で4%以上の濃度のハイドロキノンを販売しているところもあります。医師の診断なしに、高濃度のハイドロキノンを使用することは大変危険です。通信販売でもハイドロキノンが購入できてしまう便利な世の中になりましたが、購入する際は信頼できるサイトなのか、また濃度は適切なのかを、特に注意してみましょう。

ハイドロキノンは出来てしまったシミに強い効果を発揮します

シミに効くと言われている成分はたくさんあります。しかし、その中でもハイドロキノンという成分は、出来てしまったシミに大変効果的であると言われています。では、なぜハイドロキノンが出来てしまったシミに効果があるのか、ご紹介いたします。

 ハイドロキノンがシミに働きかけるメカニズムとして2つ挙げられます。まずは、シミの原因となるメラニンに働きかけるのです。シミはメラニン色素が生成され続け、沈着をしてしまった状態です。ハイドロキノンは、メラニン色素を生成に関係する酵素チロシナーゼに働きかけ、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

 そしてもう一つの働きは、ハイドロキノンにはシミを還元する作用があります。ビタミンC誘導体にもシミの還元作用があると言われていますが、ハイドロキノンにはそのビタミンC誘導体よりはるかに効果があります。もともとビタミンCには色素沈着によく効く美白成分として知られてきました。しかし、ビタミンC自体は大変不安定な物質で、酸化しやすく、またお肌への吸収が悪かったりという面も持っていました。ビタミンCのそのような悪い面を改良したのがビタミンC誘導体なのです。

 シミの還元作用とは、すでに出来てしまったシミの色素沈着の色を薄くしてしまう作用のことです。ハイドロキノンにはこの作用があるため、出来てしまったシミに効果的だと言われているのです。このシミ還元作用は、美白に良いとされている成分全てにあるわけではありません。もし、出来てしまったシミを薄くするために、シミに良いとされている成分が入っている化粧品を使ってもなかなか良くならない場合には、このハイドロキノン入りの化粧品を選んでみてはいかがでしょうか?

ハイドロキノンは皮膚科でも使用されるほどの実力の持ち主

シミに効果があると言われて今注目を浴びているハイドロキノンですが、ハイドロキノン成分が入っている美容液や化粧品等は市販されていますので、薬局で購入することが可能です。現在市販されているハイドロキノン入りの商品の濃度は、4%未満のものがほとんどです。

しかし、以前はこのハイドロキノンの成分の入っている商品は、皮膚科に行って処方してもらうしか、手に入れる方法はなかったのです。2001年に薬事法が改正され、ハイドロキノンの濃度が4%以下の場合は医薬部外品として扱われ、市販しても良いことになったのです。ちなみに、4%以上のハイドロキノンが含まれる場合は、医薬品として扱われ、医師の処方箋が必要になります。

 ハイドロキノンが市販化された今では手軽に手に入りますが、皮膚科に通い、ハイドロキノンを手に入れることにもメリットはあります。皮膚科でハイドロキノンを処方してもらう際には、保険適用外になるため、金銭面ではデメリットではありますが、症状や状態だけでなく、その人の体質に合った濃度のハイドロキノンを処方してもらえますし、ハイドロキノンは大変取扱いが難しいと言われているので、医師から直接使い方等も指導してもらえます。また、市販されているハイドロキノンよりも濃度が高いものを、処方することも可能なので、是非市販されているハイドロキノン入りの美容液やクリームを使用しても効果が得られなかったという人は、自分自身で判断して使用を止めるのではなく、一度皮膚科で相談してみましょう。

話題のハイドロキノンの効果、全て教えちゃいます。

シミやそばかすやニキビ等、お肌の悩みは様々ありますが、今シミに効果があるといわれているハイドロキノンが肌トラブルで悩む多くの女性に支持されています。今回は、ハイドロキノンの効果について説明します。

 ハイドロキノンには、出来てしまったシミを薄くすることが出来る美白効果があります。美白効果のある化粧品はたくさん市販されています。その化粧品に含まれている成分は、ビタミンCやヒスタミン、アルブチン等。しかし、ハイドロキノンの美白効果は市販されているものと比べても、驚くほど高いのです。シミは、お肌の色素沈着なのです。色素沈着の原因と言われているのはメラニンです。ハイドロキノンは、メラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制する力がある他に、更にシミ還元作用があり、色素沈着をしてしまった部位を少しずつ薄くしていってくれるのです。

 更に、ハイドロキノンはシミだけでなく、ニキビ跡にも効果が期待できます。自然にニキビ跡が目立たなくなるのは、3~6ヶ月くらいだと言われています。しかし、女性にとっては特に顔のトラブルは早く治したいですね。

 お肌のトラブルは適切な治療をすれば、より早く、より効果的に治療することが可能です。ハイドロキノン入りの美容液や軟膏は、皮膚科等の医療機関で手に入れられることはもちろんですが、市販されていて気軽に手に入れることが出来ます。お肌でお悩みの方は是非、話題のハイドロキノンをお試しください。