アルブチン ハイドロキノン

シミの強い味方、アルブチンとハイドロキノンは何が違う?

美容に気を使っている人なら、一度はアルブチンという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?アルブチンは、美白効果があるとされ、現在多くの美容液に含まれている成分の1つです。では、なぜアルブチンが美白にいいとされているのかご説明します。

 シミの原因となるのは、主にメラニン色素です。アルブチンは、メラニン色素を生成に関与するチロシナーゼに働きかけ、メラニンの生成を抑制する働きがあります。このアルブチンは、美白効果で話題のハイドロキノンと同じような働きをします。しかし、ハイドロキノンは、このアルブチンよりかなり効果があると言われています。

 効果に差はあるものの、アルブチンとハイドロキノンの働き自体はさほど変わりはないように思われますが、少し使い方が異なります。ハイドロキノンは、お肌の漂白剤とも言われているほど、出来てしまったシミに対して、徐々に薄くしていくという効果が高い成分です。しかし、その高い効果ゆえに、強い副作用も持っており、人によってはハイドロキノンを使用すると、ヒリヒリしたり、赤くなったりしてしまい、刺激が強すぎることがあります。しかし、アルブチンは、元々植物由来のものなので、身体にはとても優しいのです。アルブチンには現在天然由来のものと、人工的に作られたものの2種類があり、人工的に作られたアルブチンの方が美白効果が高いと言われています。

 もしハイドロキノンを使用して、副作用が出てしまった人は、ハイドロキノンよりアルブチンの成分が入っている美容液に変えた方が良いでしょう。また、ハイドロキノンは長期間使用すると、濃度が低かったとしても白斑と呼ばれる、使用していた部位が白くなってしまう副作用の可能性があります。しかし、天然のアルブチン成分にはハイドロキノンのように強い副作用はあまりないと言われていますので、出来ればお肌に優しい天然のアルブチンの使用をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加