ハイドロキノン 皮膚科

ハイドロキノンは皮膚科でも使用されるほどの実力の持ち主

シミに効果があると言われて今注目を浴びているハイドロキノンですが、ハイドロキノン成分が入っている美容液や化粧品等は市販されていますので、薬局で購入することが可能です。現在市販されているハイドロキノン入りの商品の濃度は、4%未満のものがほとんどです。

しかし、以前はこのハイドロキノンの成分の入っている商品は、皮膚科に行って処方してもらうしか、手に入れる方法はなかったのです。2001年に薬事法が改正され、ハイドロキノンの濃度が4%以下の場合は医薬部外品として扱われ、市販しても良いことになったのです。ちなみに、4%以上のハイドロキノンが含まれる場合は、医薬品として扱われ、医師の処方箋が必要になります。

 ハイドロキノンが市販化された今では手軽に手に入りますが、皮膚科に通い、ハイドロキノンを手に入れることにもメリットはあります。皮膚科でハイドロキノンを処方してもらう際には、保険適用外になるため、金銭面ではデメリットではありますが、症状や状態だけでなく、その人の体質に合った濃度のハイドロキノンを処方してもらえますし、ハイドロキノンは大変取扱いが難しいと言われているので、医師から直接使い方等も指導してもらえます。また、市販されているハイドロキノンよりも濃度が高いものを、処方することも可能なので、是非市販されているハイドロキノン入りの美容液やクリームを使用しても効果が得られなかったという人は、自分自身で判断して使用を止めるのではなく、一度皮膚科で相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加