色素沈着 ハイドロキノン

色素沈着の原因となるメラニン色素に高い効果があるハイドロキノン

お肌のトラブルで多くの女性が悩むのはシミです。シミは紫外線を浴びる機会がある我々誰にでも起こりうるトラブルです。では、どのような仕組みでシミは出来てしまうのでしょうか?

 シミの原因の大多数を占めているのは紫外線です。紫外線は夏場に最も多く、日焼け止めを利用したりして紫外線から受ける影響を少しでも減らそうとしている人を多く見かけますが、実は私たちは紫外線の影響を夏だけでなく一年中、一日中受けているのです。紫外線は、シミの原因にもなりますし、白内障や皮膚がんの原因にもなる恐ろしいものなのです。そこで紫外線の影響を少しでも減らそうと身体が作り出すのがシミの原因となるメラニン色素なのです。

 私たちが紫外線を浴びると、浴びた部分からメラニンを作り出すメラノサイトに働きかけ、チロシナーゼという酵素がメラニンを作り出します。こうしてメラニン色素が作り出され、皮膚をガードする働きをします。お肌の年齢が若いと、お肌のターンオーバーを利用して、古い角質は体の外へ排出されてしまいますが、年齢を重ねるごとに体の新陳代謝の機能が衰え、皮膚上のメラニン色素が沈着してしまい、これがシミになってしまうのです。

 ハイドロキノンは、チロシナーゼという酵素に働きかけ、メラニン色素の生成を抑制するので、シミによく効くと言われているのです。その他にも、ニキビ跡やそばかすなどのメラニンの色素沈着にはハイドロキノンは大変効果的です。是非、色素沈着でお悩みの方は一度ハイドロキノンをお試ししてみてはいかがですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加