ハイドロキノン 赤み

ニキビの赤みで悩む人の救世主、ハイドロキノン

あなたはニキビで悩んだことはありませんか?ニキビの原因は様々ですが、ストレスや便秘や脂肪線の多いところに出来やすく、顔などに多く出来ます。よくニキビは思春期に多いと言われていますが、思春期以外の多くの方がニキビで今悩んでいます。そしてニキビで悩んでいる人と同じくらい、ニキビ跡で悩んでいる人も多いのです。

 ニキビ跡とは、ニキビが出来た後に赤みが残ったり、皮膚の表面がでこぼこしてしまう状態のことを言います。ニキビ跡の皮膚の凸凹が一度出来てしまうとなかなか治療が難しく、皮膚科等の専門家に治療をしてもらう必要があります。しかし、ニキビ跡の赤みに有効な物質として、今ハイドロキノンが注目されています。

 ハイドロキノンは、メラニン色素の生成に関係する酵素チロシナーゼに働きかけ、メラニンの生成を抑制する働きがあります。ニキビの出来た部位に紫外線を浴び続けていると、その部位に、メラニン色素が過剰に分泌され、色素沈着しシミへと変化するのです。ニキビ跡の色素沈着をしてしまったシミに対して、ハイドロキノンを使用すると、茶色かったり赤かったりしていたニキビ跡が徐々に薄くなっていきます。

 ハイドロキノンは、シミだけでなく色素沈着をしてしまったニキビ跡にも有効な成分ですが、取り扱いが難しいです。ニキビ跡が気になりハイドロキノンを使用したい人は、自身に合った濃度を処方してもらえますし、使用方法などを分かりやすく説明してもらえますので、使用方法に不安のある方は一度皮膚科で相談してみたほうが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加