ハイドロキノン 市販

市販のハイドロキノン配合の化粧品は本当に安全?

ハイドロキノンはシミに有効な成分ですが、2001年の薬事法が改正される前までは医師の処方箋がないと手に入れることが出来なかったのです。この改正以前にも、ハイドロキノンは美容成分として化粧品等に使用されていた時期はありました。しかし、使用した人に白斑と呼ばれる、塗布した部位が白くなってしまう副作用がみられ、ハイドロキノンの使用を禁止してしまったのです。そのような時代を経て、今使用されているハイドロキノン。果たして市販されているハイドロキノンは安全なのでしょうか?

 ハイドロキノンは現在薬局や通信販売、デパート等様々な場所で販売されています。今販売されているハイドロキノンの濃度はほとんどが4%未満です。その理由として、ハイドロキノンには、白斑という副作用の他に、使用する人の体質によっては刺激が強すぎるため赤みやヒリヒリといった痛みを伴うこともあるのです。そしてハイドロキノンの濃度が4%以上だとこの副作用のでる確率が高くなってしまうのです。

 しかし、医師から処方されるハイドロキノンの濃度は市販されているハイドロキノンより濃度が高くなっています。これは、その人の症状に合わせて適切な濃度のハイドロキノンを処方し、しっかりと医師の管理の下で使用しているので安心です。市販されているハイドロキノンは濃度が高くないとはいえ、長期間使用すると副作用の可能性は高まりますので注意が必要です。市販されているハイドロキノンは、基本的には安全です。しかし、ハイドロキノンを使用し、少しでも自分のお肌に合わないと感じたら、すぐに使用を止めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加